風俗営業の種類

 

1.風営法で規定される業務は大きく分けて2通りあります。ひとつは一般的に風俗営業と呼ばれるもので次の8種類のものをいいます。(風営法2条)

 

 キヤバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業

 待合、料理店、カフエーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)

 ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業(第一号に該当する営業を除く。)

 ダンスホールその他設備を設けて客にダンスをさせる営業(第一号若しくは前号に該当する営業又は客にダンスを教授するための営業のうちダンスを教授する者(政令で定めるダンスの教授に関する講習を受けその課程を修了した者その他ダンスを正規に教授する能力を有する者として政令で定める者に限る。)が客にダンスを教授する場合にのみ客にダンスをさせる営業を除く。)

 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計つた客席における照度を十ルクス以下として営むもの(第一号から第三号までに掲げる営業として営むものを除く。)

 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが五平方メートル以下である客席を設けて営むもの

 まあじやん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業

 スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る。)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く。)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)

 

このうち1号から6号までが、風適法第2条第4項で接待飲食等営業(酒類を提供しつつ異性による接客サービスを提供する店)と定義されています。つまり、1号営業から第6号営業までの差は

・ダンス

・接待

・飲食

の有無の組み合わせによるものと理解してください。

 

2.もう一つは性風俗特殊営業と言われ、店舗型性風俗特殊営業、無店舗型性風俗特殊営業、映像送信型性風俗特殊営業、店舗型電話異性紹介営業及び無店舗型電話異性紹介営業をいいます。

店舗型性風俗特殊営業はさまざまな条例でがんじがらめに規制されているため、原則的に新規開業はできるところはありません。すでに営業権を有している法人を譲り受ける形で営業される方がほとんどです。

 

無店舗型性風俗特殊営業では、いわゆる「デリヘル」が注目を浴びています。比較的初期投資も少なく、利益率も高いので既に風俗営業をされている法人や個人の参入が目立ってきています。なお、映像送信型、電話異性紹介営業は数が少ないので、このサイトでは扱いませんので別途ご相談ください。

 

TOP風俗営業の種類風俗営業許可申請の流れ許可基準と各種規制必要書類業務の流れと報酬事務所詳細リンク



(c)2012 山下行政書士事務所 all rights reserved