業務の流れと報酬

 

1.業務の流れ

@お問い合わせと面談

当事務所では必ず申請者ご本人とお目にかかって相談を受けることにしております。電話・ファックス・メールでのお問い合わせに関しては初回に限り電話10分、ファクス・メール一往復までは無料ですが、それ以降のご相談は有料になります(90分まで15,000円<税込>)

A報酬は以下のとおりです(税別)

風俗営業

1号(キャバレー)250,000円〜

2号(料理店・社交飲食店)250,000円〜

3号(ダンス飲食店)230,000円〜

4号(ダンスホール)250,000円〜

5号(低照度飲食店)240,000円〜

6号(区画飲食店)250,000円〜

7号(まーじゃん店)200,000円〜

7号(ぱちんこ店)800,000円〜

8号(その他遊技場)230,000円〜

 

性風俗特殊営業

・店舗型性風俗特殊営業開始届出

⇒現在、新規開店は殆ど不可能になっておりますので、当事務所では扱っておりません。

・無店舗型性風俗特殊営業(デリヘル等)開始届出…200,000円〜(開業セット料金があります)

・性風俗特殊営業映像送信型(インターネットアダルトサイト)開始届出…189,000円〜

・店舗型電話異性紹介営業(テレクラ)届出…250,000

・無店舗型電話異性紹介営業届出…200,000

 

上記報酬には警察への手数料など実費は含んでおりません。

上記は申請・許可に必要な書類すべてをそろえるのに必要な報酬です。

申請人本人の証明に関する必要書類(住民票など)はご自身で取得していただくことになりますが、当職が代理で取得することもできます。その場合には別料金がかかります。

申請そのものには当職のほか申請者本人も必ず出向きます。

 

Bオプション(以下の料金は税込です)

・株式会社設立…129,600円〜(登記まで依頼される場合には別途司法書士の報酬が必要になります)

個人で申請しのちに法人化しようとすると、一度個人の廃業届を出さなければならず、次の許可が下りるまで営業ができなくなります。したがって将来法人化を考えるのであれば最初から設立しておいたほうが無難です。

・飲食店営業許可申請…75,600

飲食の提供をする場合には必ず必要になります。

・従業員就業規則作成…86,400

従業員に対する遵守事項を定めるのに使います。労働法上就業規則がないと経営者が不利になることがあります。

秘密保持誓約書・雇用契約書…43,200円 
個人情報保護法に基づくものや労働法上決められている賃金等の労働条件を明示するためのものです。

 

2.お問い合わせから受任までの流れ

面談…具体的に何の業務をどこまでやってほしいかをおたずねします。その際には、人的欠格事由がないことの確認も行います。

報酬振込…指定の銀行口座に振込みをお願いします。なお、報酬の見積もりは必ず事前にお出しします

スケジュールミーティング…申請までのアクションプランを提示し、開業までの作業を一覧にします。このミーティングは申請までに何度か開催させていただきます。

必要書類収集・その他許可の申請…この間に所轄警察署生活安全課に挨拶に行ってきて、注意事項を確認します。店舗の契約・内装工事等はお客様にお願いします。なお、当事務所に業務を依頼される前に店舗の契約された場合には、営業地域規制の有無・使用承諾書の可否はお客様の責任でお願いいたします。業務開始後、不許可要件が発覚した場合には責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

最終チェック・申請(届出)予約…設備実査に引っかからないよう設備・照明・18歳未満の立入禁止標示等のチェック

申請書(届出書)の提出…時には修正を命じられることもありますが、大きなものでない限りは開店予定が大きくずれることはありません。提出時に申請人にはさまざまな注意事項を伝えれられますので、必ず申請者が出向いてください。

3.サポート業務

求人のアドバイスや現場経験者の運営レクチャーなどをオプションで行っています。未経験の方でも参入できるよう指導いたします。


 

TOP風俗営業の種類風俗営業許可申請の流れ許可基準と各種規制必要書類業務の流れと報酬事務所詳細リンク

 

(c)2012 山下行政書士事務所 all rights reserved